雨漏り検査

雨漏り検査方法

雨漏り検査

  • 単純な原因な雨漏りは比較的簡単に修理できるものですが、原因が複合していたり、通常検査では発見しにくい原因の場合にはてこずることもあり得ます。
  • その場合には、シーリング・防水・塗装などをしても雨漏りが止まらずお困りのこともあります。
  • 根本的な雨漏り修理を行うには、雨漏り修理の前にしっかりとした雨漏り検査を行うことが大切です。
  • 雨漏り検査方法には、主に下記の方法があります。
    1. 図面調査
    2. 目視調査
    3. 散水検査
    4. 局部破壊検査
    5. 赤外線検査
    6. 紫外線投射検査
    7. ガス圧入検査
    8. 注水確認検査
    9. 発光液投入検査
    10. 雨漏り経路の特定検査
  • 建物の木造・鉄骨造などの構造材や施工方法によって様々に検査方法を組合わせて行います。
  • マンションなどの塗り壁簡易チェック方法
    1.壁面のヒビ割れ
    2.壁の反りや膨らみ
    3.接触により白い粉が付く(チョーキング現象)
    4.10年以上塗り替えていない(通常は耐用年数約8~10年)
    これらが外壁改修の一般的な判断基準です。
    但し、上記に支障が無いにも関わらず雨漏りが発生した場合には、高度な調査が必要となります。
  雨漏り検査ご案内
雨漏り検査
大阪・奈良・神戸の雨漏り修理や防水工事

雨漏り修理大阪.com


〒543-0023 大阪府大阪市天王寺区味原町11番5号 TEL:06-4304-6556 FAX:06-4304-6566 8:00~20:00 定休日:日曜日
Copyright© 2010 雨漏り修理や工事お見積もりは屋根も外壁も|雨漏り修理大阪.comへ All Rights Reserved.
Top